プロフィール

★saー☆

Author:★saー☆
医学部4年のsa-です。
将来の夢は、整形外科医か麻酔科医希望。

某ブログから引っ越してきました☆

頑張って更新していくのでよろしくお願いします。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
医療 (5)
学校 (2)
趣味 (1)
彼氏 (1)
遊び (2)
sa-の心の中 (3)
今日の出来事 (11)

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
医学部4年のsaーの日常日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
冬休み突入。
テストが終わったので今日から冬休み突入です



彼は今日で仕事納め。



遊ぶぞと言うわけにも行かず、休みなのに大学にいる自分…。




さみしいょ凸;゚д。)




明日は病院に行ってきます。と言っても実家の病院なんですけどね。



家族としてじゃなく患者として…




耳のアテロームが悪化してきたので、日帰りでポチッと摘出してきます



暫くピアスはお預けですねぇ(・ロ;



傷にならないように綺麗に縫ってもらわなきゃね☆
スポンサーサイト
[2008/12/26 14:53] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おばあちゃんその5。
いつ止まるか分からない呼吸、



モニターに繋がれ、血圧やサチュレーションも下がるばかり。

Morphineが打たれてからのおばあちゃんは目が開いたまま、唸り続けていたね。

日に日に悪化していく容態。

時が止まればいいなと思った。



でも2週間と言われてから2ヶ月も頑張ったんだもん。


よく頑張ったよ。



最期はね、家族皆揃ったんだよ。



パパは往診から帰って来てママは助産院の午前の診療が終わって、


おばあちゃんは昔から気が利く人だよねぇ。
って皆言ってたよ



しかもおばあちゃんが亡くなった瞬間、




雨が上がって虹が出来たんだよ




哀しい、寂しいより、おばあちゃんの人生を物語るような綺麗な虹に




感動を覚えました。




医学部に行ってから沢山の生死をみてきたけど、まだ生きるとは、死ぬとは何か答えは見つかってません。



これから沢山の患者さんを観てその答えを追究していきたいです(Pq・ω・#)v゙



ありがとう。
[2008/12/25 17:50] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おばあちゃんその4。
ホッとした。



でももっともっと本音をぶつけてほしかったな。




パパ、ママと約束したの。


死前喘鳴が起きたら大学休んでおばあちゃんの面倒みたいって。




了承得たから最期は、さやが来たんだよ。




大学休んで6日間、地元の病院にて体位交換や着替え、吐瀉物の片付け、清拭の介護をした事。




あたし、医者になっても忘れない。




蒼が見舞いに来た時、


おばあちゃんあたしに遺言言ったよね。



女は働く事だけが
しあわせじゃないって。
大切な人の支えになることも女のしあわせなんだよ。
って。


きっとあたしがママみたいな仕事人間になるのを心配して、結婚の事を言ったのかな。



病気になっても心配かけてたんだね。
[2008/12/25 17:28] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おばあちゃんその3。
でもいつもの笑顔の裏には沢山の苦しみやもがきがあったよね。



あたしは知ってるよ。


ひとり布団の中で泣いていた事。


あの日あたしは、一緒に添い寝してあげる事しか出来なかった。

黄疸もみられてきて、入退院を繰り返す日々。


6月になって脳転移してもう歩けず入院した時、



パパから聞いたあと2週間の言葉に




あたしはおばあちゃんの前では泣かないって決めたんだ。




もうちょっとだけ生きて。と願う家族の思いに対し




初めて弱音を吐いたよね。

もう生きたくない。
[2008/12/25 17:11] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おばあちゃんその2。
実際医療に携わる家庭でも大事な家族が不治の病に罹患したら…そこらの一般家庭と変わらない。



とりあえず
在宅にするか
延命で化学療法するか
ホスピスにして代替医療にするか…



祖母の意向により、かかりつけ医と連携し在宅を主に、調子の悪い時に入院する事になった。




祖母は不幸中の幸いにもがん特有の痛みも少ない方で自分の余命を把握してから、趣味にのめり込んで行った。


海外にも一緒に行ったし
おじいちゃんと社交ダンスの大会にも出場した。




病気になってからの方がキラキラしていた(パ∀゚)
[2008/12/25 16:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。